ブログ

全館空調どうなの?

展示場ネタ第3弾

全館空調が売りのハウスメーカーに行きました。

ある程度は解っていたので行くつもりはなかったけど、営業さんに引き留められて。

この仕組みの全館空調は熱交換換気システムとダクト式のエアコンを組み合わせたものです。

1階2階のそれぞれの天井にダクト式エアコンが組み込まれて、各居室にダクトで暖めたり冷やしたりした空気が送られます。

断熱性能はそこそこなので、エアコンからの風量はかなり多くなくてはなりません。換気で必要な風量の何倍も必要となります。ですから太めの配管が張り巡らされています。さらにこのダクトは冷房にも使いますから結露を起こさないように断熱されています。ですから断熱材も足された太い配管です。取り回しが大変そうです。
各部屋のニーズに応じた風量調整は難しいでしょうから温度ムラの管理が大変です。西日が当たる暑い部屋がどうなるのか?ちょっと心配です。実際にかなりクレームも多いと聞きます。

このシステムで行くなら、もう少し断熱、日射遮蔽が必要です。外からの影響が少なくなれば、コントロールできるでしょう。パッシブハウス並みの熱性能にすれば、換気風量だけを冷暖房するだけでいけます。換気システムとエアコンをくっつけるのならもっと断熱しなくてはならないと再確認できました。

でも、そのパッシブハウスレベルの断熱レベルになるとまた違った考え方も出てきます。
特殊なシステムはメンテナンスや、取り替え時に大変です。とてもお金がかかります。パッシブハウスレベルの断熱性能になるとわざわざエアコンと換気をくっつけなくても良いのです。負荷がとても少なくなりますから 小さな エアコンがどこかにあれば良いのです。普通の家庭用のエアコンは安くて性能が良いですからそれをどこかに付けます。買い換えの時も楽です。特殊な工事がいりません。
付ける場所、付け方は様々な条件で変わります。
より省エネ。より快適。そして将来のメンテナンスが楽なように、最先端のノウハウでがんばっています。(笑)