お役立ち情報

住宅の消費税10% いつから?

今のままだと 消費税10%になりそうですね。
いろいろな軽減税率など検討されていますがあまり複雑になると役所や企業の事務経費もかかりますから、せっかく消費税率を上げても社会福祉や公共事業などに実際に回せるお金が増やせなければ、全く意味が無くなります。
我々の血税が社会のために役に立たないのは避けて欲しいですね。

税制はシンプルにして欲しいと思います。

そうは言え 増税によって経済が落ち込むのは避けなければなりません。

住宅は高い買い物です。現在8%の消費税が10%に増えると2%分増えてしまいます。
2000万円の住宅だと40万円の税金が増えるわけです。

住宅産業は経済に大きな影響を与えますから増税により着工個数があまり影響を受けないようにしないといけません。

そのため政府でも政策を考えてくれています。

まずは住宅の消費税10%がいつからという質問 消費税は2019年の10月から10%になる予定ですが 住宅の場合は 2019年3月までにきちんと図面ができて契約していればその後ずっと8%で済むことになっています。
これはありがたいですね。
ですが私たち建築会社は、とても忙しくなりそうです。

さらに、贈与税の非課税枠が3000万円に拡大されること。これはとても大きなことです。
現在ぞ、相続税が高いですから、この制度を使って生きていいる間に子供にお金を渡しておければ 相続税時の税金がとても安くなります。
親がお金を持っていれば、お子さんはお金が無くても非課税で贈与を受けお家を建てることができます。

さらにもう一つ、住まい給付金が増額されます。

これは所得が少ない人向けではありますが、最大50万円もらえます。
簡単な申請をするだけですので簡単です。

現在も30万円もらえますので家を建てた方は申請を忘れないでくださいね。