ブログ

暑さ寒さの感じ方。慣れに注意して!

当社の新しい家に住むと それまで住んでいたアパートなどよりもとても暖かく皆さん喜んでくれます。

最初の冬には皆さんから「暖かくて気持ち良い」とたくさん言っていただき本当にうれしく思います。

現在、当社で建てた方、これから建てる方など30軒以上の家に温度計を置かせてもらいモニターしています。

見ていると皆さんいろいろな住み方をしているのが解ります

見ていてとても楽しいです。

新築して最初の年の住み方も様々です。

それまでの家に比べて 新しい家では暖房しなくても暖かいので割と低い温度で住んでいる人もいます。

逆に住んでいた家が寒いお家だったのでがんがんにファンヒーターを付けることになれていて

新しい家でも温風がないと暖かいと感じず高い温度で住んでいる人もいます。

 

人間の温度の感じ方は 空気の温度と壁や天井などの放射温度 足などが床に付いている接触面の温度を感じます。

新しいお家はきちんと断熱されていますので

どんなに外が寒くても床や壁、天井の温度は室内の空気の温度とそれほど変わりません。

ですから空気をそれほど暖めなくても暖かいと感じられます。

そのことに気がつかないで空気が暖かくないとだめだと高い温度の方がいるのです。

 

暖かいと感じるのは もちろん個人差もあります。 一般的には 18℃~22℃といわれています。

アパートなどの壁などが寒い家だと高い温度にする必要がありそうですが、

高断熱の家では快適な温度は20℃近辺のようです。

 

人間は生きていくのに熱を出していますからその熱を放出する必要がありますね。

冬はお家の中でもトレーナーくらいの着衣量はあると思いますのでそれを考慮しての温度です。

半袖半ズボンなら25度くらいかもしれませんが、省エネではないですね。

ジャンバーを着て温度を下げろとは思いませんが、軽装で活動的な着衣量くらいは良いと思います。

 

夏も27度くらいが最適と言われていますね。

これも薄着であまり暑くない温度として言われている温度ですね。

パッシブハウスでは25度です。日本人の多くの方は寒いと感じるみたいですね。

省エネ性を考えればあまり下げたくないですね。

 

ここで 慣れの問題に入ります。

最初の冬は18度くらいで暖かいと感じてくれていた人が 翌年は20度 次は21度 22度と上がっていく人もいます。

夏もそうです。 27度で涼しいと喜んでくれていた人が,26度 25度とどんどん涼しくなっていきます。

慣れって恐ろしいですね。 たまにはちょっと寒いなと感じる ちょっと暑いと感じる。

そのくらいにしておくと良いようです。

当社の家は簡単に冷暖房が効きますので どんどん暖めたり冷やしたりしてしまいますね。

それでは 体が慣れてしまうのです。鈍感になっていきます。

甘い物ばかり食べているとだんだん甘みに鈍感になり「ほんのり甘い」そんな味覚が失われていくのと同じです。

 

夏場など慣れは本当に実感します。

少しの風や 放射温度の低い木陰などで とても涼しく感じていたのが

エアコンがんがんでないと涼しく感じなくなったりしますね。

極端に冷やしたお店などがとても快適に感じます。

鈍感になってきているのですね。

 

人間は 自分で調整をする能力を持っています。汗をかいたり 震えたり。

服を着たり脱いだり。放射温度の低い涼しい場所を探したり。

そんな能力も大事にしたいですね。

 

高断熱の家を否定しているのではありません。

むしろ肯定しているのです。

暖房や冷房にあまり頼らなくても そういったことが体験できるだけの性能を持った家なのです。

ちょっとの暖房で放射温度の快適性を感じられる。冬でも少しだけ涼しい気持ち良い空間。

夏は家の中で涼しい場所を見つける。 灼け込まないお家だから暑く感じない。

扇風機だけで気持ちいい。そんな空間があります。

 

普通の家では がんがんの暖房が必要だとしても

当社の家なら住み方の工夫でちょっとのエネルギーで快適さを感じられます。

 

無理に 高い温度 低い温度にしなくても 自分自身で調整しながら 住みこなすのが

エネルギー的にも 体にも良いようですね。

 

皆さんいろいろ工夫して住んでみてください。

当社の家なら健康を害するほど寒い温度にはなりにくいはずですから。