お知らせ

平成31年度サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)

https://www.kkj.or.jp/sustainable/2019_index.html

平成31年度サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型) の 補助金の 提案申請が今日締め切り。

何とか間に合わせました。

簡単に言うと LCCMの補助金です。
LCCMとは 太陽光発電で 建築時生活時の住宅で発生するCO2をゼロにしようという規格です。

建物を作るときにも 鉄やコンクリート、木材、プラスティックなどの製造にエネルギーを使います。もちろんトラックのガソリンもエネルギーです。
建物を直すときのエネルギー。建物を使い終わったときに解体や処分にもエネルギーを使います。建物の大きさや使う材料で大きく違います。
鉄筋コンクリート造や鉄骨造はとてもエネルギーを使いますから木造が有利です。

それらの全てのエネルギーを建物の耐用年数で割ると一年当たりのエネルギーが算出されます。
長持ちする建物であるほど、一年当たりのエネルギーは少なくなる訳です。
長期優良住宅ですと,きちんとメンテナンスをすれば長く住み続けられることが解っていますので90年で計算することができます。


それと生活時のエネルギー。暖房、冷房、換気、給湯、照明、家電等ですね。
1年にお家で使われるエネルギーは建物の性能や設備の性能で計算されます。

建物の1年当たりのエネルギーと 1年間生活で使われるエネルギーを足し合わせたものと 太陽光発電で作られるエネルギーを比べて 太陽光発電で作られるエネルギーが上回ればLCCM住宅というわけです。

およそ10kW位の太陽光発電設備が有り長期優良住宅ならLCCMになると思います。

その補助金は125万円 その締め切りが本日まで。

書類作り本当に大変でした。

でもお客さまが100万円貯めるのはとても大変ですから、私の努力でそれをカバーできればと思いがんばっています。