お知らせ

当社の仕様はどこを狙っているか?20年後の家づくり

ずっと昔から、仲間から、「どこまでやるの?高橋建築!」といわれていました。
最初に聞いたのはおよそ20年くらい前。

20年前の当社の仕様が 現在、他社が建てている 後生の住宅と言われる建物の性能をクリアーしていますから、その当時としたらみんなびっくりするのは当たり前です。
ウレタンパネルを使い高断熱にして 気密性能もC=0.3台
私の家もおよそ20年前の建物ですが、大きな吹き抜けがあってもエアコン一台で44坪の家が冷暖房可能です。でも温度ムラがあったり、表面温度が低かったり、エネルギー消費量が多いなど、現在当社で作っている住宅と比べると、まだまだレベルは低いですね。

ですが、20年前の住宅で有りながら、いま現在でも十分通用する内容なのです。太陽光発電もついてますし、温水式床暖房です。(笑)
20年間トータルで光熱費ほぼゼロ円です。
当時の一般のレベルで作った住宅なら44坪もあると 電気、ガス、灯油で ひと月2万円くらいはかかるでしょうから、年間24万円 20年で 480万円ですね。
それをほぼゼロ円で住んでしまいました。
夏冬も暑さ寒さ知らずで、どの部屋もほとんど開けっ放し。真冬でもトイレや脱衣室、浴室も寒くない。私は朝も晩もお風呂に入ることが多く、エネルギーは贅沢に使いました。朝のお風呂の読書をして脱衣室に出ても寒くないのです。だから冬の朝でもお風呂に入るなんて贅沢ができます。

現在作っている住宅はさらに進化しています。

「異次元の住み心地を目指しています。」
いま建てている住宅は20年後にはこのくらいの内容が標準になるのではないかというレベル。
パッシブハウス基準を狙って建てています。
このレベルは、空気を綺麗にするための必要な換気量を冷暖房するだけでお家の中がどこでも快適になるレベル。
とても少ないエネルギーです。
このレベルの暖冷房需要しかありませんから、室内の表面温度はほとんど一定となります。
結露の心配も非常に少ないし、ダニカビなども発生しにくく、家族の健康にとってもとても良くなります。
普通に暖冷房している住宅と比べて本当に住み心地が違うのです。
良く言われるのが、家の中でのストレスが違います。
家族仲良く、お家が大好きとなるのです。かたたちが多いですね。

このような家が20年後には当たり間になるはずです。

それを先取りした仕様なのです。

20年先に、周りの新しい家と比べても住み心地の遜色がなく、満足して住み続けられる家にしたいと思いませんか?
それとも、周りの家よりも圧倒的に住み心地が悪い家と解っても我慢して住み続けますか?
それとも、大金をかけてリフォームしますか?

いま、きちんとした、将来でも通用する家にしておけば、その家で快適にずっと住めるのですよ。
時間的な価値まで考えると本当に違います。

いままでの私がそうだったように。

現在は大手の建材メーカー ハウスメーカー 設計事務所、大学など 年間たくさんのかたが当社を訪れます。そのような方々からも 「どこまでやるの?高橋建築!」は続いてます。(笑)



20年後 数十年後でも性能が下がらないことが重要ですね。初期値だけでは住宅はまずいです。携帯や自動車のようには買い換えができませんから。
当社は、使用している資材も長期性能、長持ちを最優先に選んでいます。
写真は それらのことで 取材を受けたときのTVです。経済番組でした。