ブログ

HEAT20 G1 G2グレード 検証調査

HEAT20の G1,G2グレードの検証調査が行われました。

今回当社のホームオーナ様にも協力していただきました。

近畿大学の岩前先生による調査です。

温度測定や 住み心地などのヒアリングを行います。

調査当日は秩父はマイナス5.6℃飯能でマイナス4℃という寒い日でした。

飯能市の住宅。朝8時30分開始。最初のお宅に入るとホワーンと暖かい。玄関ホールとLDKの境にはドアはありません。暖かいお家はお部屋を区切る必要がないのです。どこでも同じような温度です。

奥様は 真冬でも素足で生活されているとのこと。床板はチークなのですが全く冷たくないとおっしゃっていました。

お布団も普通の薄めのお布団1枚で毛布も無しで冬を越すとのことです。

 

秩父に移動

二番目のお宅は畳リビングのお家です。この間取りにびっくり。素敵な庭を見るためご両親のお家とのつながりをよくするため大きな開口があるにもかかわらず冬暖かく、夏涼しいお家です。

スキップフロアーはスタディーコーナー。お嬢さんが絵を描いたり工作したりとても有効活用されていました。花粉症対策に作られた洗濯干しコーナーのサンルームも素敵でした。

先生もご主人様の落ち着いた書斎をしきりにうらやましがっておりました。大絶賛でした。

 

そして おそばを食べてパッシブハウスに移動です。

3軒目はパッシブハウス。この男子がお風呂から出ても長い時間 真裸でいるというのには皆びっくり。1年中 暖房は全くしていないそうです。

暖かいと言うより寒くないという話が印象的でした。「毎日春」です。とのこと。まあそんな感じなのかな?

 

最後は深谷市

4軒目は深谷のお家です。ご主人は半袖。(笑)一年中窓を開ける機会があまりなくなったとのこと。

温度変化が少なくて快適だそうです。新しいお家になって花粉症が出なくなったとのこと。暖かいからなのか?換気システムのおかげなのかは解らないとおっしゃっていました。 寝室は閉めておくとリビングより2度位温度が下がるのでお布団を掛けて気持ち良く寝られるそうです。超高断熱住宅に住む人の生活の知恵ですね。

他の家に行くと寒いのでこの家で良かったといつも再認識できると喜んでいらっしゃいました。

岩前先生はワンちゃん(なつちゃん)がとっても気になるようです。とても犬好きです。

お家の写真よりまず犬の写真を撮りました。(笑)

ロフトまでの壮大な吹き抜け、ほとんどの空間が一体となっていて感動です。この空間の家で本当に快適温度を維持して省エネなのか?(笑)

窓際は さらにポカポカ。

あれ?やっぱり裸足?(笑)薄いセーターは着てますけどね。お子さんも大きくなりましたね。

どのお家もすばらしいと岩前先生におっしゃっていただきました。
自動車での移動中は 岩前先生と深いお話もたくさんできました。とてもラッキーでした。

ご協力いただいた皆さん。お正月明けまで測定が続きますがよろしく御願いします。

緊張せず普段通りの生活してくださいね。(笑)