ブログ

木造と鉄骨造

木造と鉄骨造の違いについてお話しします。

住宅ですから鉄骨造は軽量鉄骨ですね。セキスイハウスやダイワハウスなどの構造がこれに当たります。

以前はハウスメーカーが鉄骨造の方が良いと一生懸命宣伝していましたが最近はほとんどしていませんね。

それは、住宅レベルでは木造の方が圧倒的に有利だと言うことが、一般的に認識されてきたので、それでも鉄骨の方が有利だというといいわけを言っているように聞こえると解ったからでしょう。

地震の強さもどちらも構造計算によって安全性を確認しているのですからどちらが強いという必要は無いですね。

火災時の安全性もそうです。鉄は熱でとても弱くなり ぐしゃっとつぶれますし,木造は燃えます。どちらも壁や天井に貼る石膏ボードで火災に強くしているのが現状です。ですから大差ありません。

もっとも違うのは温熱性能です。

熱の伝わりやすさが鉄はすごいのです。木の500倍以上熱を伝えてしまいます。

絵で見るとわかりやすいと思いますので計算して見ました。上が木で下が鉄の柱です。

一目瞭然ですね。全く違いますね。

室内環境を快適にするためにはどうしても鉄では難しいのです。近年は断熱性の競争が始まっています。

自動車のように燃費の良さなども比較されます。ですからそれに気がついたハウスメーカーは徐々に鉄骨を少なくして木造にシフトしてきてきます。

昔は木造の悪口ばかり言っていたのにびっくりです。

鉄骨のフォローをするなら、大きなお部屋が取りやすいと言うことはありますね。大きな空間を作りたいなら鉄骨が良いかもしれません。