お知らせ

平成30年度埼玉県多子世帯向け新築住宅取得支援事業

平成30年度埼玉県多子世帯向け新築住宅取得支援事業について
埼玉県では18才以下の3人の子供がいるもしくは3人目を予定している世帯が新築住宅を作るときに50万円の補助をしてくれます。それはとてもすばらしいことです。
ところがこの要件がおかしい。田舎に住む人を馬鹿にしているのです。(笑)
子育てに適しているところをこの表のように定義しポイント制にしています。それぞれ400m以内にあれば3点 800m以内にあれば2点 1200m以内にあれば1点です。
幼稚園  
保育園 
小学校
中学校
児童館
その他教育施設
病院、診療所
図書館
公民館・集会所
公園
コンビニエンスストア
ショッピングセンター
 
住宅課に問い合わせたところ 埼玉県住宅課のOさんは この項目に当てはまるところが子育てに適しているとはっきり言っていました。 
この項目に当てはまるところに住めば確かに便利ではありますが子育てに適するところと言うのを 幼稚園や小学校の近さショッピングモールの近さで評価するのはどういったものでしょうか?
さらには これに当てはまらないところは 子育てに適さないとも取れなくは無いですね。担当者のOさんは しどろもどろに「当てはまらないところが子育てに適さないと言っていない」と言い訳していましたが これに当てはまれば子育てに適すると言っているわけですから 当てはまらなければあまり良くないわけです。
 
もちろん 私の家は 0点ですよ。
子育てに適さないわけです。
埼玉県は子育てに適さない土地をどうするつもりなのですか?
私たちも埼玉県民です。公平に扱って欲しいですね。
埼玉県や小鹿野町も この小さな町が 子育てに適する土地にする責任がありますね。
そんな予算が無いことは解ってますが 無責任に勝手に子育てに適する土地を定義されているのですから 子育てに適する土地に改善してくれと我々が要望してもやむを得ないですね。
 
我が町は 人口12000人です。昨年生まれた子供はたった30人台です。すごい勢いで減っています。
山間部に住む私たちだって内心、子育てするには大変だと判断しているのは事実だと思います。だから若い人がみんな出て行くのでしょう。埼玉県の職員の皆さんが考えていることは間違いないですよ。田舎は不便で住みにくいです。
ますます過疎化していきます。
この山奥の小さな町が みんな住みにくいって知ってますよ。
 
みんな さいたま市みたいな大きな市に住みたいです。
いろいろな施設やお店、駅が近くにありますから。
 
過疎化していく山間部に住むことにはとてもハンディがあるのです。それでも住んでいるんです。
住まざる終えないのです。
 
確かに出て行く若い人は多いです。
でも埼玉県がそれを助長するような制度を作ルのはいかがなものでしょうか? 制度を作っておきながら曖昧な回答をしてにげる役人を私は許せません。
 
埼玉県が 我々の様な山間部の過疎化している町をお荷物だと思っているのは間違いありません。
粗末に扱われるのも当然でしょう。
 
本来なら過疎化を食い止めようとがんばっている若い人たちにこそ この補助金が支給されるべきだと思います。
皆さんどう思いますか?