ブログ

IOT補助金

当社も仲間に入れさせていただいている 一般社団法人 ZEH推進協議会が提出した

第1回 サステナブル建築物等先導事業(次世代住宅型)が採択され

当社も2件分着工させていただいています。

ニュースリリース_「ZEH協会」

以前にも書きましたが いよいよ住宅もIT化が進んでいきそうです。

IOTといって物とインターネットがつながっていきます。

住宅ですと 太陽光発電 蓄電池 エアコンやエコキュート

照明器具や シャッター IHなどが代表的なところでしょう。

それに 冷蔵庫や洗濯機などの家電ですね。

 

インターネットにつながることでどんなことができていくのか?

昨日パナソニックのその様な新商品の提案の方々からお話を聞く機会がありました。

少しは知っていたのですが新しい情報もありました。

この住宅のIOT発展していくことによって

家事負担軽減や、見守り、体が不自由な方の生活の手助け。

エネルギーの省エネ化など さまざま利点がありそうです。

 

最初はそれほどの恩恵を受けないかもしれませんが近い将来あたりませになりそうな予感がしました。

そのためにも メーカーごとの独自の技術でやるのではなく 統一した規格で進められていくことが重要です。

現在、ハウスメーカーなども取り組んでいますが皆それぞればらばらで、将来困ることになると思います。

やはり、日本が決めたエコーネットライトで進めていくべきでしょう。

各、電機メーカー設備メーカーが徐々にこの規格で商品を出し始めました。

将来、転換期が訪れたときに対応していなかったではお客様に迷惑をかけてしまいます。

できるだけ最初から準備しておくことが大切ですね。

 

今回補助金を使わせていただきながらそれらの勉強ができることは大変ありがたいことです。

パナソニックさんもバックアップしてくれ様々な情報や技術提供してくれます。

ZEH協の方々、パナソニックさんには大変感謝いたします。

 

今回のパナさんの訪問でやはりこうなったかと思った重要なこと。

パナソニックさんが機器をコントロールするのはAisegというHEMSなのですが

それとやりとりする音声認識のスマートスピーカーがgoogleだということ。

googleアシスタントが動く機器な ソニー製でもパナソニック製でもメーカーを問わず動くと言うことです。

音声で命令するとgoogleが認識してパナソニックのサーバーに飛び

そこから各家庭の機器を動かしたりエネルギーマネジメントするとのこと。

「ねえ グーグル ちょっと暑いけど。」そんな会話でエアコンが温度を下げてくれます。便利ですね。