予算・ローンに不安がある方へ

“必要な性能”は削りません。″不必要″なコストは削ります。

家を建てる上で、お金の心配は絶対にあると思います。なので我々も、できる限りお客さんの状況に寄り沿いたいとは思っています。ただ、とにかくお金ありきで「安ければ安いほど良い」という方は、当社じゃないほうがいいかもしれません。

髙橋建築は世界でも通用する最高水準のパッシブ住宅を建てています。コストを下げるために断熱性能を削るとか、そういったことは考えていません。

ただ、無駄なコストは一切かけないように努力しています。家はあくまで生活の“場所”であって、主役ではないと考えています。当然ながら主役はそこに住まうご家族であって、暮らしの中には家以外にもお金をかけるべきものはたくさんあります。だから、家にそんなにお金をかけるべきじゃないと考えています。

結果として、パッシブハウスの性能でも大手ハウスメーカーさんのような価格にはなりません。もちろん性能は当社のほうがずっといいわけですから、ハウスメーカーさんと相見積もりをして頂いても、ほとんどの方が当社を選んで頂けます。

余談ですが、住宅の価格表示については何か基準を作って統一をして欲しいといつも思っています。当社のようにお客様にお支払い頂く最初から最後まで全て含めた総額表示の会社もあれば、“本体価格”という表示をして後からどんどん追加していく方式をとっている会社もある。それでは比較するのがすごく難しいですよね。業界として取り組まなければいけない問題の一つだと思っています。

家の価格は、建てる費用だけでなく暮らす費用も考えて

また、家は長く住まうものなので、将来的なコストも見据えて比較できるといいなと思います。以前、ローコストを売りにしている某ハウスメーカーさんと相見積もりをさせて頂いたことがありました。同じ大きさの家でも性能が違うので、当然当社のほうが高くなりました。

しかし、ローコストハウスメーカーさんの見積もりを見せてもらうと、案の定ほとんど全ての仕様が最低水準のものばかりで、エネルギーだだ漏れの住宅になることは目に見えていました。お客様に当社との性能の違いを一つ一つ説明したところ、結局その方は当社を選んで下さいました。

断熱性能の高い家と低い家では光熱費に雲泥の差が出ますし、安価な建材ばかりで建てた家はメンテナンスも頻繁に必要になります。新築のときだけとにかく安く、という考え方ではなく、この先長く続く暮らしの中で、トータルでみたときにどちらが良いのかな、という比較をして頂けたらと思います。

お気軽にご相談ください

メールでのお問い合わせ
Tel:0494-75-2377